2006年11月10日

◆C型肝炎

C型肝炎の感染者は、150万人から200万人といわれ、もはや「国民病」といわれるようになりました。

C型肝炎の感染経路は、よく分かっていないことが多くあります。

原因の一つに、輸血が挙げられますが、予防接種、歯科治療、鍼灸治療、ピアス、唾液、透析など様々な状況が考えられます。

C型肝炎ウイルスの感染者は、7割が慢性肝炎になります。そして、そのうちの4割が肝硬変に進み、さらにそのうちの8割が肝がんになるといわれています。

C型肝炎は、1989年に発見され、92年にインターフェロンが使えるようになり、完治する率が上がりました。

しかし、肝炎ウイルスが見つかり、治療を始めても3年後には、約半数の人が通院しなくなる、というデータもあります。

病状を血液検査のデータだけで判断するのではなく、エコーやCT検査を受けて、肝臓の状態を定期的にチェックしておく必要があります。

肝臓は症状が現れにくく、「沈黙の臓器」といわれます。

C型肝炎は慢性化しやすく、徐々に進行しますので、40歳以上の方は、肝炎ウイルスチェックをお薦めします。
posted by マリンバ at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。